検索
  • 津上弘道 Koudou Tsugami

『むさしの秋あそび』企画のご報告

11月13日(土)、地元小金井市の門跡尼寺「三光院」さんにて『むさしの秋あそび』と題した自主企画をさせていただきました。

「邦楽コンサート」と、「野点のお菓子とお抹茶」、「いけばなワークショップ」の三本立てで企画いたしました。


当日は大変に良いお天気に恵まれ、本当に気持ちのいい一日となりました。




邦楽コンサート

御本堂にて。

三光院さんが京都は嵯峨野に所縁のあるお寺ということで、「武蔵野から嵯峨野へ」をテーマとしたプログラム。

《鹿の遠音》、《虫の武蔵野》《嵯峨の秋》を演奏させていただきました。


生田流箏曲演奏家の柿原千紘さん、町田夢子さん、琴古流尺八演奏家の石橋えりかさんにご助演いただきました。



お抹茶とお菓子

お庭にて。

片岡聡先生とご門下の皆様がお点前をしてくださいました。

本当にいいお天気に恵まれ、美しいお庭でお抹茶とお菓子をお楽しみいただきました。

お菓子は浜松から特注でお取り寄せされたものだったそうです。




いけばなワークショップ

いけばなを研究されている柳川太希さんのワークショップでは、三光院さんのお庭の花材も用いていけばなの体験をしていただきました。

「今自分がいる空間はどういう場所か」「この機会はどういう機会か」「手に持った花材は時間が経つとどう変化していくか」など、日常生活ではなかなか持ち得ない視点を提示しながら、いけばなの味わいを考える時間をプロデュースしていただきました。




デジタルスタンプラリー

三光院さんのお庭には実にいろいろな見所があり、それぞれにまつわるエピソードがあります。

三密を回避しながら皆様にご紹介できないかと考え、デジタルスタンプラリーを開催しました。

スマホで各所のQRコードを読み取ると、スタンプラリーができるというもの。




企画のきっかけ

そもそもの企画のきっかけは精進料理を食べに伺ったこと。

「三光院」さんは宮中の御所文化を受け継ぐ精進料理で有名なお寺です。


素晴らしいお料理に感服して料理長の西井香春さんとお話させていただいたところ、「ご近所なら近々遊びにいらっしゃい」とのこと。

実際、三光院さんと自宅とは徒歩10分のご近所。

その親近感もあって、「本当にいっちゃおうか」ということで伺ったところ、何か音楽の企画をやりましょうというお話になった次第です。




ご来場いただきました皆さまへ

この度はご来場いただきありがとうございました。

また三光院さんはじめ、各所で楽しい企画をしてまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



ギャラリー


閲覧数:58回0件のコメント